AudioVideo

Nikon D70s
の画像に多くのゴミが写り込んでしまうという記事を以前書きました。

原因はレンズ内のゴミだと思っていましたが、ローパス・フィルターを顕微鏡でのぞいてみたところ、結構小さなゴミが付着していることが分かりました。

やはりこのゴミが画像のゴミの原因か・・・?

ブロアーを使っても、そのゴミはほとんど取れないことが分かりました。
そこで最終手段。フィルターをクリーニング・クロスで拭いてみることに。

顕微鏡を覗きながら慎重に慎重にゴミをとってゆきました。

そして撮影。。。

その結果が上の写真です。絞はF27。
画像にゴミは見当たりません。

やはりフィルターのゴミだったんですね。

原因が分かりキレイな写真が撮れるようになったことは嬉しいのですが、結局これがデジカメのアキレス腱とも言えるわけです。
各社、ごみ取り機能を付けて対応しているようですが、どこまでキレイになるのかちょっと疑問。だってブロアで「ビュービュー」吹いても全然取れなかったのですから。
静電気の影響もあるように感じました。
もしかしたら髪の毛を使ったら結構ゴミが簡単に取れるかも。ただし顕微鏡を使わないと無理だけど。長い髪も必要。ハゲチャビンの人は女性からもらってください。。。

あと、電池切れになったらもう一切写真は撮れない。
銀塩カメラの中には電池なしでもシャッターを切れるカメラはあります。
私が使用した
ペンタックスMX
オリンパスOM-1
は機械式シャッターなので電池無しでも写真が撮れます。
長期に渡って山にこもっての写真撮影を考えたら、どうしても機械式シャッターのカメラが必要に感じたのです。

実際には山に入るまえにバッテリーを点検すると同時に、替えのバッテリーも必ず携行するので問題はまず起きないのですが、電子式シャッターは気分的にイヤでした。
でもペンタックス67もマミヤ6も電池が切れればアウト。山では単なる「重荷」意外のなにものでもありません。

実は先日山に登って写真を撮ろうとしたところ、山の頂上でバッテリー切れ。写真が撮れなくていまいましい思いをさせられました。
デジカメのバッテリーは銀塩カメラのバッテリーと比べて大きくて重い。
バッテリーの進化に期待するしかありません。

 

広告

DVDFab
http://www.dvdfab.jp/index.htm

ってWindows版しかなかったですよね。
気がついたら、Mac版が出ているじゃないですか!!

現在使用しているWindows版の有効期限が来年の三月で切れるので、その後はMac版に変更しようと思っています。

現在 iMac を使って Mac OS 10.6.8 と Windows Vista の両方を使っていますが、ブルーレイもMacでどんどん使えるようになってきたので、もうWindowsを使う意味がほとんど無くなってきました。

今までもWindowsを使ってきたのは、単にハイビジョン動画の編集やディスク書き込みに必要だったから。

でもサードパーティーがいいソフトを次々に開発してくれるようになって、Macユーザーとしてはうれしい限りです。

DVDFab は使えます。ディスク・コピーでは最強ツールと言ってもいいのではないでしょうか。
購入も有効期限が一年から無期限まで選べるので、その点も評価できます。

有効期限は

一年 : 18900円
二年 : 20800円
三年 : 23650円
四年 : 26500円
無期限: 28400円

となっています。
一年なんてあっという間なので、最低でも二年版がいいでしょうね。
私だったら無期限版を選択するかも。
ただし、4年後先のことなんてどうなっているか分からないので、迷うところでもあります。

ま、DVDFab  は有名だし、知っている人は十分知っているでしょう。
何も新しい情報を提供するものではありませんが、 もしいろいろとコピーツールなどの選択で迷っているなら、このソフトは強くお勧めできます。
今まで不具合もいくつかありました。Mac版ではどうなるのか未知数の部分もありますが、頻繁にバージョンアップしてくれますし、一番安心感はあります。

もうみんなWindowsなんて捨てて、Macにしましょう!

Windows7は分かりませんが、Vista はひどいOSですね。
一番あきれたのが、勝手にバージョンアップしてくれるのはいいのですが、勝手に再起動されてしまうのには本当にビックリしました。
それまでやっていた作業がすべてパー! こんなバカなこと、Macでは絶対にあり得ません。

Macのように気の利いた動作を期待した方が間違いなのかもしれませんが、Windowsにはもううんざりですよ。。。

 

 

パソコンのキーボードがいきなり壊れた!

押しても反応しないキーは下の写真の赤い部分。

ボードのねじを外し、中を見てみます。

キーボードの下にあったのは、シリコンゴムのイボイボシート。
このシートを外してみます。

フィルム基板が二枚入っていました。
上のフィルムをめくってみると、下側のフィルム基板の赤い部分が反応しなかった部分。

すべて一本の線でつながっていますね。
ということは、どこかで接触不良が起きている可能性大です。
それは
電子部品が載った基板とフィルム基板との接点
である可能性が一番大きいです。電子部品の載ったベーク基板も目視検査しましたが、特に問題はなさそうです。

詳しく調べたら、フィルム基板どうしを接触させるために金属板 で押さえている真ん中のビスがバカになっていました。

ビスを固定するためのプラスティック部分が割れていて、押さえが効かなくなっていました。
そこで、少し長めのタッピングねじを用いて締め付けました。

これでまた普通に使えるようになりました。

もう随分いろいろなものを修理してきました。
修理は楽しい!!

でも最近の電子製品は良く壊れますね。多くはプラスチック部分がダメになります。
割れたプラスチックは修理不能な場合がほとんどなので、長く使いたいものはプラスチック製を避けた方がいいですね。

ただしプラスチックといっても、カーボン入りなどの特殊なものは丈夫です。値段は何倍にもなりますけどね。

 

昨日

Nikon D70s

で写真を撮ると、絞り込むほどゴミが目立ってしまうという記事を書きました。

原因がローパスフィルターかレンズか、どちらかハッキリしなかったのですが、
マニュアルモードにするとレンズなしでもシャッターを切れることが分かり、早速実行してみました。

絞りは開放からF22までで試してみましたが、結果はゴミの存在は確認できませんでした。

やっぱりゴミの原因はレンズにあったようです。
レンズは

AF-S NIKKOR 18-70mm

ED レンズなので、結構高級なレンズなのではないかと思います。

でもこのレンズをよ〜く見ると・・・
レンズ内部にゴミが多く認められます。

上の写真で白く写っているのは、すべてレンズ内のゴミです。
フィルター内のゴミではなく、ユーザーは全く手の出せないレンズ内部のゴミなのです。

これほどのゴミが入り込んでしまうとは、ちょっとショックです。
ニコンともあろうメーカーの製品とは思えない。

因みに私がもう20年〜使用しているペンタックス67のレンズと
マミヤ6のレンズも確認してみましたが、レンズ内のゴミは確認できませんでした。

どちらのカメラもほとんど山で使ってきたので、水分や粉塵には常にさらされてきたものですが、それでもレンズ内部はとてもキレイです。

それにひきかえ、鉄道写真がメインの持ち主のレンズがこの状態というのはいただけません。
持ち主は神経質な方で、カメラにほとんど傷がないことからも、大切に保管されてきたことがうかがえます。
なのにこのゴミ!

ズームレンズの弱みなのかもしれませんが、これは改善してもらいたいものです。

山岳写真ではペンタックスが多くの岳人に支持されてきた理由のひとつが分かったような気がしました。

デジカメは撮像素子のサイズが35mmフルサイズない場合も多く、レンズの焦点距離も広角は短いです。
このレンズにしても18mmからですから。
当然 被写界深度 は深くなります。そのためレンズ内のゴミまで写り込んでしまうのでしょう。

ならば中判・大判カメラのレンズ以上にゴミが入り込まないようにしなければならないはずです。

今回 一眼デジカメ を貸してもらって、デジカメの選び方が分かったような気がします。

● 記念撮影程度で使用するならポケットカメラで十分。

● レンズ交換をするなら ズームレンズはやめて 単焦点レンズを選択する。

● 本格的な風景写真などを撮るなら、撮像素子はなるべく大きいものにする。

● レンズ交換を考えるなら、カメラ内部にゴミが入り込む可能性が大きくなるので、ゴミ取り機能がついたものを選ぶ。

● レンズはできるだけ防塵性の優れたものを選ぶ。

● レンズ性能を優先し、カメラはそれに合わせる。

カメラの機能がいくら優秀でも、レンズがダメだと写真になりません。
レンズが良ければ、カメラの機能が優れていなくても写真になります。カメラ機能は撮影者の技術でカバーできますが、いくら撮影者の技量が優秀でもレンズがダメならアウト! です。

とかくカメラ購入のさいには カメラの性能 を重視しがちです。
でも最近のカメラは「これでもか!」というくらいに機能満載で、ほとんど使いこなせないほどです。

そんなところに目を奪われないで、まずはレンズ性能をしっかり吟味すべきでしょう。

今、手元にペンタックス645D のカタログがあります。
現在市場に出ているカメラの頂点にあるカメラと言っていいでしょう。

本体だけではなく、レンズも
「防塵・防滴」構造になっています。

これぞまさにプロ用カメラです。

 

知人が

「これもうほとんど使わないから貸してやるよ」

と言って

Nikon D70s

を貸してくれました。

私の写真歴は30年以上になりますが、実はデジカメは安物しか持っておらず、特に風景写真や山岳写真を気合い入れて撮るときには、必ずフィルム・カメラを使ってきました。
因みに使用カメラは

1 マミヤ6
2 ペンタックス67
3 ホースマン45FA

です。

デジカメで本格的な写真を撮るのは無理。
そう考えてきたので、デジカメは古いノートパソコンと引き換えにもらった
オリンパス FE-150 というポケットカメラを持っているだけです。

オリンパスのポケットカメラの画素数が500万画素なのに対して、ニコン D70s は600万画素。
それほどの差はありません。

実際にスナップ写真を撮ってみて比較したところ、解像度には大きな差は認められませんでした。

ただ、ポケットカメラは絞りやシャッタースピードをユーザーが決めることはできず、また焦点がずれても修正できないという問題もありました。

さすがに D70s  は安物カメラとは完全に一線を画しています。
細かな設定など大変気の利いたカメラになっています。

今やオークションでは2万円を切る価格で取り引きされている D70s ですが、特に解像度を追求しないならまだ十分に活用できる製品だと感じました。

なにより色の出方がいいです。

オリンパスの FE-150 はコントラストを強くして、見栄えを良くしていますが、そのため暗い部分はつぶれて明るい空はせっかくの青空でも白く飛んでしまいます。

まぁ、比較するのが間違いですのでサンプル画像も載せませんが、 その差は歴然です。

ただニコンのカメラにも問題はあります。

まずその1

JPG 画像はまったくダメ。正直使い物になりません。
「ファインモード」のJPGならまだいいかもしれませんが、「RAW + Basic」モードで撮った写真の「Basic」の写真は色にじみもあり、解像度も低下しています。私的にはRAW画像以外はほとんど使う気になれません。
(ファインモードではまだ試していませんが、RAWを使わない理由がないので、ジェーペグはどうでもいいです。)

その2

いったいどこのゴミでしょうか?
空などを撮ったときの画面にゴミが沢山写っています。
レンズ内部には結構ゴミが確認できますが、それが写り込むことは銀塩カメラでは考えにくい。
ローパス・フィルターに付いたゴミなのでしょうか?

下の写真をご覧ください。

上の写真では確認しづらいかもしれません。画像をクリックして大きな画像で確認してください。

絞りを開放に近づければゴミはあまり気にならなくなります。(個人的にはかなり気になってます。)
でも絞り込むともはやゴミだらけの画像になってしまいます。

フィルムについたゴミはスキャニングのさいに Digital ICE でほとんどきれいに除去できますが、デジカメで撮った写真のゴミは Photoshop などでひとつずつ手作業で消してゆく必要があります。

風景写真や山岳写真の場合は、圧倒的に絞り込んで撮影するケースが多いです。
もしデジカメの内部のゴミが絞り込むことによって写り込んでしまうなら、デジカメは風景写真にはまったく使えないということになります。

絞りによってゴミが見えたりぼやけて見える程度になったりするのは、CCD についてゴミではないでしょう。
フィルターは一応クリーニングできるようにはなっていますが、ブロワー程度ではキレイにならないようです。

しょっちゅうメーカーにゴミ取りのためにメンテナンスに出す必要があるとしたら、随分デジカメは「世話の焼ける」機械だということになります。

今のデジカメはもっと改良されているとは思いますが、ゴミとの格闘が強いられるなら、デジカメは屋内での商品撮影とかモデル撮影とか、あとは屋外での記念撮影程度でしか役に立ちません。

一般的にはそれで十分なのでしょう。
でも山岳写真をやっている人なら分かるでしょうけど、水滴や粉塵に耐えられないカメラなんて、全く使えないんですよね。

最近 ビデオカメラが低調 という感じがしていました。

カメラ屋さんや家電量販店でもあまりビデオカメラ売り場は目立たない。

自分はパナソニックのビデオカメラを持っていて、買い替えの予定もないのであまり気にもしていませんでした。

カメラはまだフィルムカメラ(中判大判)を使っていて、それも当分変えるつもりはないのですが、ひとつはいいデジカメが欲しいという思いもありました。

先日家電量販店でなにげなく ペンタックスK−5 を手に取ってみました。
まず驚いたのは ピント合わせのスピードの早さ!!
ほとんど瞬時にピントがあいます。これにはたまげました。技術の進歩は私の想像を超えていました。

CCDの画素数もどんどん増える一方で、このK−5にしても1628万画素というハイスペック。
私は中判カメラを多用し、フィルムをニコンのスキャナーで読み込んでいますが、その場合の画素数は6000万から8000万画素にもなります。
それに比べたらまだ少ないとはいえ、方式が違うので単純比較はできません。実際に1000万画素くらいでも真っ青な空の状態はデジカメの方がすっきり表現されることもあります。

さて、K−5は持ったときの質感もよく、気に入ってしまいました。その場にあったパンフレットを持ち帰ったのですが、家で内容を見て本当に最近のデジカメの性能のすごさには驚かされています。

最近のデジカメは Full HD のビデオ撮影もできるんですね。
K−5は内蔵のモノラルマイクもあり、また外付けでステレオマイク もつけられるので、全くビデオカメラの代わりになります。もしかしたらそれ以上。

どうりで最近はビデオカメラが低調だったわけです。
以前はビデオカメラで動画も静止画も録れるので、この方が便利と思っていたのですが、時代はすでに変わっていました。
デジタル一眼の方が静止画はあきらかに高画質ですし、ビデオ画質もレンズがいいので期待できます。

K−5、欲しいなぁ・・・・・!

今まで

● G5Macと
● DELL
● &G4Mac(緊急用)

を使ってきましたが、このたび

iMac一台に集約しました。

息子用は今まで通りG4を使いますが、私のiMacのとなりで使わせることに。
理由は息子が自分の部屋の掃除をしないので、誇りをかぶってパソコンがダメになる危険性があるからです。
実際、内蔵のMOドライヴが動作しなくなっていました。

iMacはオークションで手に入れました。

24インチの二世代くらい前のもの。

今のiMacは21.5インチと27インチしかなく、どちらも「帯に短し たすきに長し」の感は否めません。

私のように文書作成が多い場合はA4見開きがちょうど表示される24インチがベスト。
で少し高かったですが、希望落札価格で落札しました。

OSはSnow Leopard (10.6.2) ですが、古いアプリソフトがほとんど使えることが分かりました。
当然 Boot Camp でWindowsをインストールしました。

DELL付属の再インストールディスクを使ってみたら、すんなりVistaがインストールできてしまいました。

Boot Camp を使うと、Windowsがネイティヴで走るので一台のパソコンでMacとWindowsが完全に使えます。

これはすごい! と感じています。

VMWare Fusion
Parallels

といったソフトもありますが、あれはMac上でWindowsをアプリとして動かす(エミュレーション)のでMacとWindowsを瞬時に切り替えて使えるというメリット(?)はありますが、絶対的に遅いと思います。

以前 Virtual PC ってソフトを使ったことがありますが、動作がモッタリとしていてとても実用的ではなかったです。

昨日、 K`s 電気がわが町にオープンして、安売りでブルーレイ・ディスク・ドライヴが9800円で売られていたので買ってきました。

これでiMacでMacOSでもWindowsでもハイビジョン再生ができます。
ブルーレイへの記録もMacでできるようですが、未確認です。。

ブルーレイ再生はMacではできないと思っていたら、
Blu-ray Player」という三ヶ月無料のソフトがあって、 これで十分再生できます。
3ヶ月経ったら、60ドルを払って使うか、あるいは現在Windowsで使っている再生ソフトを使うか考えます。

実際、iMacを使ってみて、「これで十分じゃん!」て感じます。
拡張性には乏しいですが、特別なことをやろうとする人以外、これで十分。
私はFireWire接続機器が多いので、その点ではちょっと苦痛もありますが、まぁ困るわけではありません。

以前DELLコンピュータを導入したのは、
● 動画編集したい
● エクセルのマクロ作成をしたい
ということ くらいでした。

でも動画編集は iMovie で気の利いた編集ができます。

そしてエクセルでマクロを作らなければならない仕事はやめてしまったので、もうどうでもいい
ーーーという状況なので、今後はますますWindowsの出番は減るかもしれません。

やっぱりMacじゃないとダメ。
どうしてWindowsマシーンてどれもこれも美しくないんでしょうね。
どのメーカーもMacの後追いみたいなことをやっているけど、洗練さに欠けます。

さぁ、これからオークションに出品しますよ。

これまで使ってきた

G4Mac(100円でも売れればいい)
G5Mac(おまけもつけて)
DELL PC(無傷で超美品!おまけつき)
シャープの19インチモニター(1円でもいい)

を処分します。